アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)

   

ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter, 1932年2月9日 生まれ)はドイツの画家。 現在、世界で最も注目を集める重要な芸術家の1人であり、若者にも人気があり、ドイツ最高峰の画家とされている。

美術史のうえで、かなり重要な位置を占めるこの作家に対して、さほど興味も持たずに接してきた私です。
このように重要なアーティストを記録しておくためにもこのブログを更新しているわけですが、後日整理しなおして自分なりの美術史評を描くことが目下の目標です。
現時点でゲルハルト・リヒターについては、初期のこの「階段を降りる裸婦」くらいは知っていますが、ポップアート世代の一人くらいにしか思っていませんでした。
彼の仕事を理解するにはこれからいろいろ勉強せねばならないと思いますが、絵画にとって写真はやはり驚異ですね。
ビデオは物理的な時間を孕んでいるので、あまり気になりませんが、写真が登場して以来、中世までの現実や事件の伝達手段としての絵画の役目は終わり、肖像画としても絵画は写真に精度が劣る。その様な中で、絵画の不可能性/可能性を求める試みを探っていくというのは、どんな画家にとってもある意味ひとつのテーマであるわけです。
逆説的に、「現実」や「真実」だと認識され、信奉されている事柄を、絵画を用いて根底から揺さぶり、考え直させるような、コンセプチュアルな雰囲気が彼の作品には見られます。
0a430a900a763edeb8739a8c363ab9e4.jpg
2e9f9c97b6ddb46662c46ab7262a0330.jpg
514dK44bwCL._SL500_AA300_.jpg
Gerhard-Richter.jpg
img_760766_17744834_0.jpeg
Richter__4,property=Galeriebild__gross.jpg

 - アーティスト