アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

加藤美佳

   

時間があったので東京都現代美術館にドライブ。
目的はミュージアムショップ。
今開催中の「Space For Your Future」展の展覧会カタログが11/20発行ということになっていたので買うつもりで行ったのですが、12月中旬に延期になっていた。
まったく。
しかたなく何かないかと探していると、横浜美術館で昔やっていた「アイドル展」のカタログが。それを手に取りつつ探していると、こんなものが!

英文版 ウォリアーズ・オブ・ジャパニーズ・アート - Warriors of Art

英文版 ウォリアーズ・オブ・ジャパニーズ・アート – Warriors of Art

  • 作者: 山口 裕美, Yumi Yamaguchi
  • 出版社/メーカー: 講談社インターナショナル
  • 発売日: 2007/02/01
  • メディア: ハードカバー

一番の目的は「加藤美佳の作品」ですから、アイドル展のカタログを戻してこちらを購入してしまいました。

加藤美佳
愛知芸大出身で奈良美智の後輩らしいのですが、なんでもホワイトキューブギャラリーという、あのデミアンハーストも所属するイギリス現代アート最強のギャラリーに所属しているらしい。
おかっぱ頭のお人形さんみたいな肖像画はとても不思議な印象を受けます。
作品は大きく、一見ハイパーリアルのように見えますが、近づいて見ると赤や青や黄色、緑などの微小な斑点が飛び散っており、離れてみると巨大なおかっぱ頭の少女。

なんでも、一度本人が人形を作成してから写真を撮り、そしてペインティングしてるということです。
しかも、この色とりどりの飛沫後を見ると相当な制作時間がかかってるかと思われる。
結局この尋常ではないこだわりは作品の強さとなっているし、若い女性作家独特の「かわいい」という感性は見る者を引きつける。

最近なぜか若い女性作家の作品ばかりが目につくけれども、これは村上以降に共通する何かが人を引きつけてやまないのだと思う。これが何かがわからないと男性陣はやばいかも!
しかしこう次から次から有望な作家が出てくるとは、日本現代美術の未来は明るい。

常設展示室で改めて見た「ポップ道1960s-200s」。
たしかに加藤美佳も60sポップの流れの延長上にある。
改めて思うに、ポップアートが美術に与えた影響力というのは、デシャンの比ではないのかと最近思えます。

 

 - アーティスト