アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

大竹伸朗 ポ・・・・・アイデア ポスター全集

   

07年7月30日発行の本を買ってしまった。
以前から気になっていたのですが、ついに・・・4935円。
雑誌「アイディア」に7年に渡って連載していたポスターを集めて掲載した作品集だ。
ネタ元も掲載しており、大竹の自由奔放な考えがより際だっている。

臆面もなく色々なモノをまねたり、持ってきたりすることで批判的な意見が美術界には多いのですが、私はこの本を見ていて、デザイナー時代の横尾忠則の才能と同種のモノを感じた。
まるで、デザインをするように、インスパイアされたモノを持ってきて、くっつけて、独自の世界を作っている。
スクラップ&ビルド・・・そこに表現される大竹だけの感性を見る人が感じるか、感じないかが勝負なんだと思う。
仮にコレがデザインだとしてもかまわない。誰かの物まねと言われても構わない。
大事なことはそんなことではなく、そこから奏でられる響きに共鳴出来るか、出来ないか。

まるで、楽曲を作るような方法で生み出されるその作品は、アートでも、デザインでも何でも構わない。

でも、コレこそがまさにアートなのではないか?
デュシャンが呈示した「便器」。コレと同じ意味なのではないか?
たぶん、そういう風に見ないと大竹の作品は理解出来ない。というか、なにも考えずに感じればいいのではないか?

あれだけ多くのファンを持ちながら、美術界では抹殺されてきた理由はそこにあるのではないか?
椹木野衣などの一部の評論家にしか理解されなくても仕方ないのかも。
どうせ、巷にあふれている美術評論家にはアートが理解できないから。

そう考えると、とんでもないことを彼はやってるようです。
なんの先入観も持たずに大竹の作品をみて、面白いと思わない人には何を言っても無駄だと思いますが。

最後にこの本、価格以上の価値はあります。
私はとても得しました。

 - アーティスト