アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

小西真奈 展覧会

   

小西真奈「どこでもない場所」
という作家の展覧会が新富町のアラタニウラノというギャラリーで開催されている。
http://www.arataniurano.com/
なんでも30歳までアメリカで活動していたらしく、30過ぎてから日本へ戻ってきたらしい(という話をちらっと聞いただけで確かではありませんが)。

まぁ、そんなことはいいのですがこの作家の作品なんと言っていいのか?
なんとも不思議な雰囲気のある風景画です。
作品も比較的大きく、その静寂感が見ていて不思議な寂しさ、不安感を呼び起こします。

なんか、昔見たアメリカの作家「エリック・フィシェル」http://hisamichi.seesaa.net/article/36116673.htmlや「エドワード・ホッパー」http://plaza.rakuten.co.jp/ekatocato/3005のような印象を受けます。

見た目は彼らの作品ほど暗くはなく、明るめの色調で描かれているのですが。
なんか雰囲気がにてるんだよな・・・
こういう具象的な絵でも認められるくらい現代美術も幅が広くなったということですかね。
個人的には好きですが、エリック・フィシェルやエドワード・ホッパーと比較してしまうと・・・・

しかし、この作品の中に潜む良さを分析する必要はあるかと思います。
でも、習作の小品は良くなかった。こんなの売っちゃいけないと思いました。

 

 - 展覧会