アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

椹木野衣

   

今更ですが、かの名著「日本・現代・美術」を読んでます。

先日同じ著者のこの本「美術になにが起こったか—1992‐2006」を読んで、すっかりファンになってしまいました。

80年代悶々とアートをし続けていた自分としては、今こうやって解説されると色々考えさせられることばかりです。

「閉じられた円環」「悪い場所」とはよくぞいったもんだと思います。的を得ております。

しかし、80年代後半のニューペインティングの影響を受けて出現した表面的な日本の美術に対しての考察が一部間違ってるかなと。。。
それこそ、ファインアートと商業美術の中間の場所に新たに立ち位置を見いだそうと頑張っていたアーチストの存在を無視して、全てがデザインの領域からのアプローチと考察してるあたりには疑問を持ちます。
そもそも当時のファインアートって何?
芸大系の銀座系アートですか? NYアートの二番煎じですか?
そういう意味では商業美術系の方が、オリジナリティーありましたね。

ここ10年、美術界をヒッパテル作家たち(特にカイカイキキの作家たち)によって報われましたが、当時やろうとしてたことを続ける覚悟がなかったのは事実ですし。

まぁ、そういう時代でしたが。。。。

続きはまた・・・

 - 美術評論家