アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

mite! 見て!

   

ヘンリー・ダガー展を見に行った日の午前中、千葉県佐倉の川村美術館に寄ってきました。

この日は川村所蔵の13点を違う切り口から見ようと言う試みでの企画展をしてました。
http://www.dic.co.jp/museum/exhibition/mite/index.html
作者も題名も掲示せず、作品にまつわる情報をいっさい持たず目の前にある作品を見る。
作品について考えるヒントが壁に書かれており、そのように見てみる・・・・

試みとしては面白いのですが・・
最近の企画展はこのような試みが多いですね。
横浜美術館で以前展示していたデュシャンのときも、関係性のある作品を同時に展示していた・・・

何とか、現代美術を少しでも身近にかんじてもらおうという試みですか。
それとも、キュレーターの企画という作品ですか?

現代美術というゲームに参加して貰うための試みがあちこちで行われてるようです。
今後ますますこのような試みの展覧会が多くなるでしょうね。
現代美術が勝手に独りよがりの方向に行き過ぎた反動でしょう。
勉強してない者はゲームに参加するな、と言わんばかりです。
もちろん、アートを理解しようと思ったら、見るほうも勉強しなくてはならないのですが、そのきっかけすらお与えられない現状を打破しようとする試みと解釈しております。

とにかく、アートというゲーム(マーケット)に参加する人数を増やさねば、何も始まりません。
きっかけは何でもいいのです。

 

 - 展覧会