アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

「ジム・ダイン」展

      2015/10/04

名古屋に行く用事があったので、名古屋ボストン美術館で開催中の「ジム・ダイン」展を見てきました。
http://www.nagoya-boston.or.jp/jimdine/index.html

ジム・ダインといえば、1960年代のアメリカポップアートの巨匠です。
正直まだ頑張って活動してるとは思いませんでした。

バスローブやハートを主題にした作品が有名ですが、途中からは自画像をテーマに作品の表現を追求しています。

現在75歳の彼にとっては、何を描いてもある程度は現在のアートシーンでは認められるのでしょうが
が、その作品(ここでは版画作品が中心ですが)から伝わる気迫や、作品が持つ表現の強さは本物でした。
しかも年齢を重ねてからの表現の多様性を追求した版画作品は圧巻です。

最近は、作家自身が子どもの頃から興味のあった「ピノキオ」なども題材に制作しておりますが、これがまた良いですね。
人間になりたくてなれなかったピノキオの情念などが伝わる作品で、全ての作品がに圧倒されて帰ってきました。

展覧会図録を記念に買ってきたのですが、印刷ではまったく伝わらない本物の良さが実物の作品にはあります。
東京都現代美術館のショップなどでもこの画集は販売されてますので、目にした方も多いかと思いますが、実物の版画作品はまったく別物です。
名古屋という場所での展覧会だけに、交通費をかけて見に行くわけには行かないでしょうが、カタログだけではこの作家を誤解されてしまう恐れがあり心配です。

なんとか東京の方にも巡回してくれないものでしょうかね。
item5802p2.jpg
jim_dine.red_enamel.jpg

 - アーティスト, 展覧会