アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

森の王  あるいは自画像

      2015/10/04

今、木場の東京都現代美術館で展示されているジュリアン・シュナーベルというアメリカの作家の作品を見に行ってきました。。

たった、一点の作品を見に行くため、クルマで一時間かけて木場まで行き、駐車料金払って、入場料500円払って、見てきました。

1980年代のアメリカ現代美術のスパースター。

1951年生まれですから今年で60歳。
今は映画監督として有名です。
その絵はばかでかく、凶暴で・・・そしてとても力強く。
なにしろ本物の皿やカップが画面に貼り付けられているのですから。
大きさは285×585cm。

タイトルは「森の王」。
画面中央に冠をかぶり、右手に件を持つ森の王が立っています。
彼は自らの地位を脅かそうとする狙うものを殺そうと、森をさまよってます。

1984年の作品です。
1970年代後半、当時の現代美術の世界は「コンセプチュアルアート」と「ミニマルアート」の狭間で、絵画は瀕死の状態だった。
そこに物語性を持った具象絵画で一躍、時代の寵児に躍りでて、アートシーンの頂点を極めた若きシュナーベル。
この絵は、まさに彼自身の孤独な自画像かもしれない。

この圧倒的な強さを持つ絵画を見ていると、他のことはどうでも良くなってしまう。
3039284_1288666510_103large.jpg
この作品を東京都現代美術館が買い上げたのは2000年代になってかららしいから、おそらく億単位の金を支払ったと思われますが、とにかく私にとっては、わざわざそこまでして見にいく価値のある一品です

 - アーティスト