アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

「モダン・アート、アメリカン」展

      2015/09/24

国立新美術館で開催中の「モダン・アート、アメリカン」という展覧会をみてきました。
アメリカといえば20世紀の現代美術を牽引してきた国。抽象表現主義に始まり、ポップアート、ミニマル、コンセプチュアルアート、シュミレーショニズムと半世紀以上世界のアートシーンの中心でした。
が、その一方で、牧歌的なありのままを捉えたリアリズムの伝統は、広くアメリカ国民に愛され脈々と受け継がれております。

そんなアメリカンアートの代表的な作家の作品が一堂に会して見られる展覧会ですの、一度足を運んでみるのもよろしいかと思います。
そもそもこの美術館は、集客目的の展覧会しか企画せず、フェルメールや印象派など特に日本人好みの作品展ばかり企画しております。今回のはちょっと異質ですがアメリカのもう一つの歴史を勉強できるような作品がたくさん来ております。
http://american2011.jp/highlight.html

エドワード・ホッパー、ジョージア・オキーフはじめ、日本では馴染みのない作家達の作品にも見応えのあるものが多く見受けられます。
中には前近代的なただの魅力無い写実的な作品も見受けられましたが、それも含めて、アメリカの近代(1890年代)から現代までの歴史を総括でき、我々が知っているデシャン以降ポロックに始まるアメリカ現代美術とは違う世界に触れて心休まる時間でもありました。
highlight_works01L.jpg

 - 展覧会 , , ,