アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

会田誠「美術であろうとなかろうと」

      2015/09/23

美術(芸術、アート、contemporary art)とは何か—-このような問いを前提に作られるものは、すべて近い将来滅びる運命にあるだろう。美術であろうがなかろうが、作りたいものを作る/作るべきものを作る/生きたいように生き、その痕跡として何かが残る――そのようなものしか後世には残らないだろう。悪いが今や美学者たちは、その忠言を聞くことが命取りになるウィッチドクターだ。このような僕の日常的な確信の一環としてこの展示はある。
-会田 誠会田さんらしいコンセプトをぶちかまして、トーキョーワンダーサイト本郷で開催中の展覧会。
彼が現在、精力的に展開しているプロジェクト「MONUMENT FOR NOTHING」と若手アーティストの展示です。

まるで学生の作品のような自由奔放な作品が展示されてる1階を見て、ちょっと期待はずれかなと思いながらメインの「MONUMENT FOR NOTHING」へ。
IMG_0322.jpg

有志を募って段ボールの作品を作っていくのですが、現在はまだ制作途中ですからなんとも猥雑な感じですが。これが完成されれば会田氏のイメージ通りの荘厳な作品群になるのか?
IMG_0323.jpg

現場に配布用のコンセプトシートがあった。
それは会田氏の思い、怒り?焦りなどが読み取れるシートでした。
彼はこのプロジェクトを完成するためなのでしょうか、段ボールの作品群を千年残すために自腹で倉庫を借りる覚悟です。
また今のアート界の現状。たとえば多少売り絵的な商業ベースのアート界に対する不満なども感じられます。またその不満が、プロっぽく見えない作品群を生み出してるのかもしれませんが。

やたら「こんな時代だから」というワードがこのコンセプトシートでは目立ちますが、答えが出るのは100年から200年先の人たちの判断になると思いますので、我々には何も言えませ。
でも、結局は覚悟の問題なのでしょうね。
会田は会田のやり方で、村上は村上のやり方で、奈良は奈良のやり方で、大竹は大竹のやり方で地道にやっていくしかないのです。

この展覧会は主催者側が思うほど話題にはならない気がしますし、決して面白いものではありませんが、公益財団法人だからこそ企画できる希少な展覧会であることは確かなようです。

 - 展覧会 ,