アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

ジョン・カリン版画展 atキドプレス

   

末広町の3331 Arts Chiyodaというのをご存知でしょうか。

3331 Arts Chiyodaは旧練成中学校を利用して誕生したアートセンターで、地下1階、地上3階の館内には、アートギャラリー、オフィス、カフェなどが入居し、展覧会だけでなくワークショップや講演会といった文化的活動の拠点として利用されています。
旧校舎はそのまま利用されていますが、校舎内は部分的に改装されており、校舎の設備を残しながらギャラリーなどに利用されています。
その中の一室にギャラリー キドプレスがあります。
ここでは、版画、絵画、立体作品を中心とした現代美術の企画展を定期的に開催しています。同じスペースに版画工房も有ります。
もともとは清澄白河の古いビルにあったのですが、取り壊しのため3331 Arts Chiyodaに2015年3月移転してきました。
今回たまたま居合わせたギャラリーオーナとお話することができ、いろいろお話を聞かせていただきました。
もともとアメリカの版画工房で修行をされて独立され、帰国して清澄白河にギャラリーをオープンされ、同時に版画工房も開設されたようです。をコヤマトミオギャラリーとは古くからのお付き合いだそうです。
今回の展示作家ジョン・カリンはあの世界的なギャラリー、ガゴシアンの契約作家であり、このキドプレス版画工房で銅版画などを刷っているということです。
ジョン・カリンといえば、ポルノチックなおっぱい星人を描くことで有名ですが、日本ではあまり知られておりませんが世界的に有名な売れっ子作家です。
私もずっと以前から好きで注目していましたが、ガゴシアン契約作家とは知りませんでした。ほんの小さなエッチング作品が90万から、7点シリースセットの作品も販売されていましたが、こちらは750万円と驚きの価格設定です。
こちらの販売価格はガゴシアンで設定するためにこうなります。
以前にこちらの記事でも紹介してます。
ご興味のある方は参考にしてください。

karin

 - 展覧会 , ,