アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

村上隆のスーパーフラットコレクション展 

      2016/07/29

横浜美術館で2016年春まで開催されていいた「村上隆のスーパーフラットコレクションン展」。

会期中には展覧会カタログは作成されず、6月発行の予定で予約を受け付けていました。

が、結局発行が伸びに伸びて9月になる予定です。

総ページ数も膨大な数字になりそうですし、充実した内容になれば待っている会もあるというもの。

そして、展覧会の方もとにかく物量の多さに圧倒されました。

そして馬鹿でかいコレクションが多い。陶器類も多い。

murakamiyokohama 0005

村上隆の現代美術を中心とするコレクションなのですが、村上独自の眼と美意識で蒐集された作品群は、アジアの骨董や、現代陶芸、民俗資料に至るまで、めぼしい物はなんでもありの、百花繚乱。

そのなかには、マーケット的には価値の無いものもありましたが、この膨大なコレクションをどうやって保管しているのか?
murakami yokoha 002 murakamiyokohama0003

 


現代アートの作品に限っては、シュナーベルや大竹伸朗などの村上が好きな作品がやはり目立ちました。
わりと情念のこもったどろどろしたものが多いですね。ホルスト・ヤンセンなどもしかり。
彼の画風からは想像できないと思いますが・・。

また同時代を共に生きてきた、奈良美智の作品は多いです。それもかなりの傑作が。
これだけでもちょっとした展覧会できそうです。

この展覧会で印象的だったのはマイク・アンド・ダグ・スターン。
murakamiyokohama 0006
1980年代に活躍した双子のアーティスト。
写真を媒体としたスケールの大きな作品が特徴で、当時日産のCMでも使われたと記憶してますが、そのマイク・アンド・ダグ・スターンのかなり質の高い作品があるじゃないですか・・・。

9月には、この展覧会カタログが郵送されてくるはずなので、今から楽しみにしています。

 - 展覧会 , ,