アーティストファイル

アーティスreiの部屋です。作品を掲載したり美術批評したり。

*

Space from your future

   

Space from your future

東京都現代美術館で開催中のこの展覧会
http://www.sfyf.jp/
「アートとデザインの遺伝子を組み替える」というタイトルのもと、アート・建築・デザイン・ファッションなどの領域で活躍する13カ国34の作家の作品を通して新しい表現の動向を探るという実験的な展覧会です。10/27から来年の1/20までやっているのであせっていく必要もないかと思ってましたが、時間があったので行って来ました。

はっきり言って企画倒れですね。よくわかりません。これでは客を呼べないのではないか?
六本木の森美術館で開催中の同じような展覧会はかなり良かったのですが。
この差は・・・・?

まぁ前回の「男鹿和雄」展で相当の収益を上げたのだろうから、この展覧会で人が入らなくてもいいのだろうし。それに現代美術館の性格上先進的なこともやっていかなくてはいけないので、企画そのものは評価しますが。

個人的にはこの展覧会で感動したのは「蜷川実花」。
造花と金魚をモチーフにした写真を空間全体に埋め尽くすインスタレーション。その部屋に入った瞬間、ビビットな色彩が目に飛び込んできて鮮烈な印象を受けます。
もはや金魚と赤は彼女の武器として昇華されているようです。

もうひとつは「沢尻エリカの百変化」。
タナカノリユキの作品だとは知らなかったのですが、タナカでなく沢尻の才能に感動しました。
あの事件まで沢尻に対しては何の興味も持っていなかった私ですが、映画「クローズドノート」を見て、彼女の才能に驚かされました。

そして今回のこの作品。
一枚パネル欲しい。なにより可愛いし。
特にお気に入りが尼さんのかっこのやつですが。
http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200709/25/53.html
もちろん、ふつうのかっこのやつもすごい良かったですよ。こんな女優がいまどきいるんだ。

まぁ、この作品だけでも満足ですが、同時に開催中の常設展示の「ポップ道 1960s—2000s」がとても良かった。お勧めです。
最初の部屋で目に飛び込んでくるアレックス・カッツの大作を筆頭に60年代のなつかしのポップが安心感とともに、ワクワクさせてくれました。
企画展を見た後だけにそう感じるのかもしれませんが、この展覧会良いです。
この展覧会についての感想はまた、日を改めてと思ってます。

 

 - 展覧会